アンチフル

アンチフル

「アンチフル」は、インフルエンザに効果があると有名な「タミフル」のジェネリック薬です。

タミフルは2017年に特許が切れ、その後日本国内でもジェネリック薬が製造販売されています。
アンチフルは、インドのシプラ社が製造販売している安価なジェネリック薬です。

アンチフルはどのような特徴を持つお薬なのでしょうか。
詳しく解説します。

アンチフルの特徴

「アンチフル」は、シプラ社が開発したインフルエンザの治療・予防薬です。
タミフルのジェネリック薬で、白と黄色に色が分かれたカプセルに入っているのが特徴です。

日本にいると馴染みがないかもしれませんが、インドのシプラ社は数多くのジェネリック薬を手掛けています。
特に、インド国内だけでなく世界の、特に開発途上国のエイズ患者のためにHIV治療薬(抗レトロウイルス薬)を破格の価格で提供していることは有名です。

外国製の医薬品と聞くと敬遠する方は多いと思いますが、シプラ社はこのような形で世界をまたにかけるグローバル企業です。

インフルエンザウイルスには「A型」「B型」「C型」の3種類がありますが、この薬は「A型」と「B型」に効果があります。
ウイルスに感染して発症から48時間以内に服用すれば、罹患期間を短縮することができます。

アンチフルの購入はこちら

アンチフルの効果・効能

アンチフルの有効成分は「オセルタミビル」で、この成分は「ノイラミニダーゼ阻害薬」に分類されます。

インフルエンザウイルスは、感染細胞からウイルスを放出することで増殖します。
ノイラミニダーゼ阻害薬とは、ウイルス放出の際に必要となるノイラミニダーゼという酵素の働きを阻害する薬です。

アンチフルの有効成分である「オセルタミビル」は、インフルエンザウイルスの増殖に欠かせないウイルス表面の酵素(ノイラミニダーゼ)と結合します。
そのため、ウイルスの増殖が阻止されてインフルエンザの症状改善を図ることができます。

ちなみに、オセルタミビルという成分は、よく中華料理に用いられる「八角(スターアニス)」という香辛料から抽出される成分です。

アンチフルの購入はこちら

アンチフルの副作用

主な副作用には以下があげられています。

  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気
  • 発疹

などです。
稀に起こる重大な副作用として、以下があげられています。

  • ショック
  • アナフィラキシー
  • 肺炎

などです。
異常を感じた場合はすぐに服用を中止してください。

アンチフルの購入はこちら

アンチフルの注意点

アンチフルの有効成分「オセルタミビル」の服用には注意しなければならない点があります。

未成年に対しての注意

因果関係はいまだ不明ですが、オセルタミビル服用後に異常行動が現れることが報告されています。
転落などの事故に至った例があるため、この年代の患者に服用させる場合は一人にさせないよう配慮することが推奨されています。

就学以降の小児、未成年者の男性で報告が多く、発熱から2日以内に発現することが知られています。
また、インフルエンザ脳炎などによっても、同様の症状が現れることがあります。

予防に用いる場合

インフルエンザに感染すると死亡するリスクの高い、65歳以上の高齢者や乳幼児に対しては予防的に使用することがありますが、インフルエンザウイルスの予防は基本的にワクチン接種によるものとなります。
この薬を服用することがワクチンによる予防に置き換わるわけではありません。

アンチフルの購入はこちら

アンチフルの口コミ

アンチフルの口コミを見てみましょう。
販売している通販サイトで見つけた口コミをご紹介します。

北海道(30代後半)

タミフルのジェネリック薬ということで、普段からジェネリックには抵抗がないので購入しました。
ストックしておくと、通院などの時間が取れない時に便利なので助かっています。

東京都(40代後半)

仕事を休むわけにいかないとき、それでも人に移しちゃいけないときに使います。
主に、病院で処方してもらったタミフルが切れたときです。

大阪府(50代前半)

常備薬として持っているだけでも安心できます。

岡山県(40代後半)

1日2回、5日間飲み続けることとありましたが、飲み切った後も熱が下がりませんでした。

千葉県(40代前半)

インフルエンザB型と診断され、置き薬にしていたアンチフルを飲みましたが、膝や腰が痛くなったので痛み止めも飲みました。
異常を感じたら、お医者さんにかかった方がいいですね。

口コミまとめ

少し微妙な口コミも見受けられましたが、薬の効き目には個人差があるので、仕方のないことかもしれません。
よい口コミだけでなく、悪かった口コミも見つけられることは、使用を検討する際の参考になるのではないでしょうか。

アンチフルの購入はこちら

アンチフルの体験談

ここからは、実際にアンチフルを飲んだ人の体験談をご紹介します。
ご自身の状況と照らし合わせて読んでみてください。

鹿児島県(30代前半)

インフルエンザB型と診断された小学生の息子に、病院から帰宅後にすぐ飲ませました。
夜寝た後で、少し震える手を伸ばしたり、何かモゴモゴ言っていたり、時々「イヤだー」と叫んだりしていましたが、声をかけると急に我に返るということがありました。
子どもに飲ませるには慎重にした方がよさそうです。

徳島県(40代前半)

インフルエンザの予防になるかもしれないと思い、アンチフルを買っておきました。
家族がインフルエンザに罹患した時、仕事の都合上自分は移されると困るので、罹患した家族と同じタイミングで服用しました。
この時は、買っておいて本当に良かったです。
ジェネリックだと安く買えますし、予防として置いておけば時間的にも経済的にも助かるので、インフルエンザ流行の季節に向けて常備しておこうと思っています。

山梨県(50代後半)

インフルエンザの予防にはワクチン接種が必要だということはわかっていますが、予約が必要だったり、その予約も取れなかったりで、毎年予防できずにインフルエンザにかかるということを繰り返していました。
またある年は、ワクチンの供給量自体が少なく、子どもと女性が優先された年もありました。
そのため、インフルエンザ予防は自力でなんとかしなければならないと思い、ネットを検索しまくりました。
タミフルにもジェネリックがあると知り、アンチフルにたどり着いたのです。
中にはあまり効果がなかったという人、お子さんが異常行動を示した口コミなど、微妙な書き込みも見受けられましたが、商品に関してはしっかりしたものだと信じて購入。
仕事先の人の間でインフルエンザが流行しているとき予防的に服用したおかげで、自分はかからずに済みました。

宮城県(30代前半)

予防接種が体に合わないようで、打った時は必ず体調を悪くしたりしていて、インフルエンザ予防はとても苦労していました。
通販で薬を買っておけば予防に使えるかもしれないと思い、アンチフルを購入しました。
おかげさまで、家族が罹患した時もうつらずに済みましたし、外出先でも安心できるようになりました。
他の予防方法を見つけるまでは、今後もリピートすると思います。

埼玉県(40代前半)

病院でも、インフルエンザの予防薬としてタミフルを処方してもらえるということは知っているのですが、予防の場合は保険が使えないとのことで、少しでも安く済ませたいと思い、アンチフルを買うことにしました。
全額負担で1回分処方してもらうとしても、診察料など込みで1万円くらいかかると言われたので、通販でジェネリック薬が買えるのはとても助かります。
今年使わなくても使用期限の間なら置いておけますし、いざというときのためにこのような購入方法があると知っておけるのは、とても心強いです。

体験談まとめ

購入や使用のタイミングは人それぞれですね。
インフルエンザを予防するワクチンがなかったり、また、接種できないときは、予防薬として通販で買えるということを知っておくだけでもとても心強いのではないでしょうか。

アンチフルの購入はこちら

アンチフル総括

インフルエンザ治療薬にジェネリックがあること自体、まだ認知度は低いですが、ジェネリックを選択することによって医療費が抑えられます。
タミフルの特許は2017年に切れており、その後はジェネリック薬が多く開発されています。

アンチフルもそのうちのひとつで、インドの会社によって作られていますが、品質はしっかりしており、しかも安価です。
この機会にぜひ一度、購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

アンチフルの購入はこちら