鳥インフルエンザって?

鳥インフルエンザって?

近年ニュースなどで鶏の大量の殺処分を目にすることがあると思いますが、これは鳥インフルエンザが発生したことで、他に広めないため感染の危険性のある鶏をすべて殺処分するというものです。

鳥インフルエンザはどんな症状で、人にどんな害があるのでしょうか。
こちらでは鳥インフルエンザについて解説しています。

鳥インフルエンザは鶏にかかる病気というイメージがあるのではないでしょうか。
もともとは野生のカモなどの水鳥(水禽類)の腸内で増殖しているウィルスでした。糞を媒介に感染しますが、野生の水禽類は感染しても特に発症はせず、共生している状態です。

しかしこのウィルスは、鶏やウズラ、七面鳥(家禽類)に感染すると強い病原性を表します。何らかの理由で水禽類の糞との接触から、家禽類へウィルスが以降し、発症すると極めて強い毒性を表し死に至らしまます。
これが鶏の大量殺処分に繋がる鳥インフルエンザ感染です。

鳥インフルエンザは人間に対してはどうなのでしょうか。
現在日本での感染者はまだいないとされていますが、海外では鳥インフルエンザが原因とされる発症が確認されています。

人でも感染するのは、感染した鳥や感染により死んだ鳥を触ったり、毛をむしる、調理するなど、濃厚な接触があった場合に限られます。排泄物や体液と触れたり、非加熱の肉を食べたりすることでも感染します。

ただし、鳥インフルエンザウィルスは熱に弱いため、しっかりと過熱してある場合は、感染してる肉を食べても問題はないとされています。もともと鶏肉に関しては、食中毒の観点からも十分に加熱されていない鶏肉を食べることは推奨されていません。

もちろん野生のアヒルと触れることも十分に感染の可能性はあります。
それでも鳥インフルエンザに感染した人から、その家族へウィルスが感染したと疑われるケースも存在します。

これまでは人と鶏では種類が違うため、インフルエンザウィルスが感染しないと考えられてきましたが、近年では大量の鳥インフルエンザウィルスに接触することで、人にも十分感染することがわかってきました。人から人に鳥インフルエンザウィルスが感染するケースはあまりないとされます。

鳥インフルエンザは人間に感染すると、インフルエンザと同じ高熱や咳、倦怠感、筋肉・関節痛の症状が現れます。症例は多くありませんが、場合によっては重症化し肺炎や急性呼吸窮迫症候群、多臓器不全などを起こす場合があります。

鳥インフルエンザのウィルスはA型インフルエンザウィルスの一種なので、A型インフルエンザに処方される医薬品が使われるようですが、実際の治療効果は無いと言われます。それでも早期処置により、効果が期待できると考えられています。

鳥インフルエンザウィルスに感染した鶏を殺処分するのは、あくまで他に感染を広げないためです。実際に鳥インフルエンザのワクチンもあり、使用しても完全に感染を回避するものではありませんが発症を抑える働きがあります。

人の場合の予防法は、一般的には感染している鶏や野鳥に近づかないのが一番です。
予防接種に関しても、人に使用するインフルエンザワクチンと鳥インフルエンザワクチンでは種類が違うため、効果は無いとされます。

しかし通常の人に感染するインフルエンザと鳥インフルエンザに同時に感染すると、体内で新型のインフルエンザが誕生する場合があります。新型のため、これまでの治療薬では効果が現れにくくなったり、毒性がさらに強くなり体に悪影響を与えることになります。

東南アジアや中国など近隣の国でも鳥インフルエンザが流行しているので、旅行の注意喚起もされていますが、特に鶏に触れることがないようであれば、特に感染の危険はありません。

注意が必要なのが、十分に火の通っていない鶏肉を口にすることです。

参考サイト:

鳥インフルエンザについて

鳥インフルエンザに関するQ&A

インフルエンザの詳細