オセフル

オセフル

オセフルは日本でも処方される有名なタミフルのジェネリック医薬品になります。

日本でもタミフルのジェネリック医薬品は中外製薬からタミフルシロップや沢井製薬から販売されていますが、オセフルは日本では処方されていない、海外製のインフルエンザ治療薬となっています。

通販サイトを使って購入することが可能なオセフルですが、海外ジェネリックを使うことで診察や通院の手間がなく、更に安値で購入することが可能です。

今日はそんなタミフルジェネリックのオセフルがどんな商品なのか、そして実際に使用したことのある方たちはどんな口コミを寄せているのか、解説していきます。

オセフルの特徴

オセフルの見た目はタミフル同様、白と黄色の入り混じったカプセル型の医薬品です。
見た目の段階からタミフルを連想させるその完成度は、当然のことながら同じ有効成分「オセルタミビル酸塩」を配合しています。

A型B型、どちらのインフルエンザにも対応する薬で、海外でインフルエンザ治療を希望する際にも処方されている医薬品になります。

日本で処方されるタミフルと同じ用量75mgとなっているので、タミフルを服用したことのある方であれば服用方法が同じとなっており、毎日服用を続けるだけの簡単なものになります。
ジェネリックですので同じ効果を持ちながら、価格を1/5程度で購入できるのが特徴です。

オセフルの購入はこちら

オセフルの効果・効能

オセフルはインフルエンザ発症後、48時間以内に服用することでインフルエンザウイルスの繁殖を防ぎ、進行を止めることができます。

インフルエンザになってしまった場合、通常の風邪と比較し症状が重症化しやすいのはウイルスが次の細胞、細胞へと感染を拡大していくことが分かっています。

この細胞感染の連鎖は体内にある「ノイラミニダーゼ」と言う酵素が大きく関係しており、ノイラミニダーゼの活性化を阻害する事ができる、オセルタミビル酸塩を早い段階で服用することで、進行が進む前段階で症状を緩和することができます。

オセフルの購入はこちら

オセフルの副作用

タミフルにも副作用があるように、同じ成分を配合しているジェネリックのオセフルにも副作用はあります。
ここでは比較的起こりやすい副作用と、特に注意したい重大な副作用の紹介をしていきます。

軽度な副作用であれば風邪薬などで眠気が起こるような感覚なので意識する必要はありません。
しかし重大な副作用が表れている場合には、すぐに医師に診察してもらいましょう。

  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気や嘔吐
  • 低体温
  • 発疹

これら以外で次に紹介するのは重大な副作用です。
次のような症状が副作用として現れた場合には、すぐに医師の診断を受けて適切に処置してもらう必要があるため覚えておきましょう。

  • アナフィラキシーショック
  • 肺炎
  • 肝機能障害、黄疸
  • 意識障害(幻覚、妄想など)
  • 出血性大腸炎
  • 急性腎障害

アナフィラキシーショックを引き起こした場合、麻痺症状や痙攣、呼吸困難などが挙げられます。
肺炎の症状や黄疸などが、見られた場合には成分に対して過剰反応している恐れがあり、意識障害は幻覚などを見ていることで行動が不自然になります。

血便が出ている場合には出血性大腸炎の可能性もあるためすぐに医師に診てもらいましょう。

オセフルの購入はこちら

オセフルの注意点

オセフルを服用するにあたって注意すべき点、そして服用してはいけない人などがいます。
現在治療中の病気によって別の薬を服用している方や、持病持ちで薬を使っている方などは注意しましょう。

オセフルの有効成分であるオセルタミビル酸塩は併用して危険になるような薬は指定されていません。
しかし併用する際、注意すべき併用注意薬が「ワルファリン」と呼ばれる薬です。

ワルファリンとオセルタミビル酸塩は相性が悪く、併用して使うとプロトロンビン時間が延長するリスクがあることがあることが臨床試験で認められています。

現在ワルファリンを服用していると言う方はオセフル使用時に必ず医師に相談してから服用しましょう。

また、オセフルの安全性が確認されていない、服用する際に注意しておきたい方々がいます。

  • 65歳以上の高齢者
  • 1歳児未満のお子さん
  • 妊婦

高齢者は腎機能や肝機能と言った生理機能が低下する可能性があります。
慎重投与になっているため、医師の指導が必要です。
妊婦や妊娠の可能性がある女性は安全性が確立されていないため、有益性が危険性を上回る場合にのみ服用が許されています。

これらは個人の判断では難しいと思われますので、必ず医師に相談しましょう。
1歳以下のお子さんも同様に安全性が確立していない理由から、こちらも医師の指導が必要になります。

過去にオセルタミビル塩酸でアレルギー症状を引き起こした経験のある方は、上記に限らず服用は禁止です。

オセフルの購入はこちら

オセフルの口コミ

日本では処方のないオセフルですが、購入した方々はどういった口コミを書いているのか、販売している通販サイトを少し覗いてみました。

愛知県(30代後半)

今までも通販サイトでタミフルを購入していました。
しかし1錠560円程度で病院にいくよりも安いですが、それでも少し高いのかなと違和感を感じていたところにオセフルを発見しました。
1錠100円程度ですし、診察もないのですぐに切り替えて購入しました。

島根県(30代前半)

以外にびっくり。
タミフルのジェネリックを通販で買ってると同僚に言ったら驚かれました。
そんなに珍しい事ですかね?
辛いなかに病院まで歩く方が僕には衝撃ですけどね。

熊本県(30代後半)

おととしから2年連続でインフルエンザになった時に、病院でサワイのジェネリックを出してもらいました。
色々と調べるのが癖で、ネットをみると海外製のジェネリックの方が安いことに気づき、今年からオセフルを万一に備えて購入しています。
まだインフルになっていないですけど、いざとなったら使います。
まぁならないのが一番ですけど。

香川県(40代後半)

ED治療薬を通販サイトで購入しています。
いつもありがとうございます。
もうすぐインフルエンザのピーク時期になるので、ついでに購入してみました。
タミフルは飲んだことがありませんが一番有名なので選びました。

三重県(50代後半)

予防接種をしていないので、インフルエンザにならないように予防で購入してみました。
届くまで少し時間がかかっているので、私のような予防ではなく治療に使う場合には微妙かも知れません。
予防は継続服用でしたので、今もまだインフルエンザになっていません。
タミフルと言えば副作用が怖いニュースも目にしたことがあるので少々不安でしたが、副作用は特になく予防することができました。

口コミまとめ

通販でオセフルを購入する人は、治療ではなく予防目的でかつ安く購入している人が多かったです。
到着までに時間がかかる海外製の医薬品は事前に購入しておくことが良いかも知れません。
では次に実際に服用した方の口コミも同時に集めてみましたので見ていきましょう。

オセフルの購入はこちら

オセフルの体験談

ここではオセフルを実際に購入して使ったと言う口コミを集めてみました。
海外ジェネリックは日本で取り扱われないため、参考になるかと思います。

長野県(30代後半)

幼少期から身体が弱く、インフルエンザになる回数も多いので事前購入しておきました。
これが正解で確実なインフルエンザの症状、私は何度もなっているだけに病院に行かなくてもインフルエンザだと確信。
買っておいたタミフルを飲み続けて、2日目には熱も下がり、5日目には仕事を復帰しました。
診断書がないのがちょっと大変です。

秋田県(40代前半)

おととし?くらいのインフルエンザ過去最強で猛威を振るわれたとき、家族4人全員で倒れこんでしまいました。
家中がインフルエンザのウイルスで蔓延してしまい、こんなことにならないよう今年から予防で飲み始めました。
幸い今年はまだ感染していません。

奈良県(20代前半)

毎日満員電車でインフルの時期になるとマジで怖い。
しかも電車で年寄りがマスクもしないで咳したり、マジで勘弁だわ。
でも実際インフルなれば会社休まないといけないし、超理不尽。
イライラしながら予防で今日も飲んでます。

島根県(30代前半)

祖母と一緒に住んでいます。
家族全員、祖母に移すなと言うことで、みんなで病院に行くにも高額ですし、タイミングが合わないので各々通販で購入することに。
飲んでみましたが特に自分で何か感じるような効果や副作用などもなく、これで本当に予防になるのか分かりませんが。
ジェネリックでしたので全員分でもタミフル一人分ほどの価格で収まりました。

石川県(30代後半)

完全予防用です。
むしろインフルになった時点で病院に行くので、通販で買うメリットがないような。
今年はかからずに済みそうです。

体験談まとめ

オセフルを通販で購入する人は基本的に予防目的で購入している人が多いようです。
海外通販は国内通販と違い、配送スピードが懸念されているため、インフルになってしまったら病院に行く方が早いと言う口コミもありました。
あくまでもオセフルは予防用といった形で服用する方が多いようです。

オセフルの購入はこちら

オセフル総括

オセフルはタミフルのジェネリック医薬品であり、日本ではまだ未承認のインフルエンザ治療薬です。
しかしタミフルと同じ有効成分であるため、同じ効果を持ちながら安値で購入することのできるメリットの大きい薬と言えるでしょう。
これからの時期は乾燥も続き気温が下がることからインフルエンザが流行りだす時期になります。
予防用として服用すれば安心にシーズンを乗り切ることができるので、検討してみると良いでしょう。

オセフルの購入はこちら